森ノ宮なかがわ眼科
06-6946-5339
もりのみやキューズモールBASEアクセス

白内障とは

目の中の水晶体(レンズ)が濁る病気です。

白内障が起こる原因

  • 加齢変化(老人性白内障)
  • 外傷
  • 先天異常
  • 糖尿病、アトピーなどの身体の病気に併発するもの
  • ぶどう膜炎などの他の眼疾患に併発するもの

白内障の症状

進行するにつれ、「目がかすむ」「ぼやけて見えにくい」「ものが二重に見える」「光がまぶしく感じる」などの症状が現れます。
また、遠くが見えにくく感じるため、近視が進んだように感じる場合もあります。

正常な見え方

白内障の見え方

白内障の治療

白内障は投薬や通院で完治するものではありません。
現在までに開発・発売されたお薬(抗白内障薬)の、いずれも完全に進行を阻止するのは不可能です。
(老化を完全に阻止できないのと同じです。)

症状が進んでしまうと手術するしかありません。
症状がどんどん進んで、不自由になるまで我慢なさらず、早めに手術を受けていただくようお勧めします。

手術時間は、約10分です。痛みはほとんどありません。

※諸般の事情により、白内障手術が必要な患者様は、ご相談の上、提携医療機関にご紹介させていただいております。
(ただし、ご希望の医療機関があれば、そちらにご紹介いたします。)
入院希望、日帰り手術希望、多焦点眼内レンズ希望など、お気軽にご相談ください。
手術した後、当院に戻り診察することができますので、どうぞご安心ください。

治療の流れ

  • ①点眼と局所注射による
    麻酔後、水晶体を包んでいる
    袋を部分切開します。
  • ②濁った水晶体の中身を
    超音波で砕いて取り除きます。
  • ③人工水晶体(眼内レンズ)を
    挿入します。
  • ④水晶体の袋の中に透明な
    眼内レンズがおさまります。