森ノ宮なかがわ眼科
06-6946-5339
もりのみやキューズモールBASEアクセス

当院で可能なレーザー治療

当院では様々な疾患に対応できるよう、各種レーザー機器を導入しております。

  • 網膜光凝固術
  • 緑内障レーザー治療
  • 飛蚊症レーザー治療
  • 後発白内障レーザー治療

網膜光凝固術

糖尿病網膜症の方への光凝固術

糖尿病網膜症で血流が悪くなると新生血管という脆く出血しやすい新たな血管が発生します。
新生血管の発生を防ぎ、虚血や低酸素状態を改善するために光凝固術を行います。
また、光凝固術を行うことで黄斑浮腫の軽減・消退する効果が期待できます。

光凝固術で視力が回復するわけではなく、病勢を抑えることが目的となりますので、
糖尿病と診断された方は、糖尿病網膜症の症状を進行させないためにも定期的に検査を受けるようにしてください。

網膜裂孔の方への光凝固術

網膜裂孔とは網膜に穴があいてしまう症状です。
網膜に穴があくと、硝子体が穴から入り込み網膜が剥がれてしまいます。(網膜剥離)

網膜が剥がれるのを防ぐために網膜裂孔の周りをレーザーで焼き固める光凝固術を行います。

緑内障レーザー治療:選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

エレックス社
タンゴオフサルレーザー

目詰まりしている線維柱帯にレーザーを照射して房水の流れを良くする治療です。

原発開放偶角緑内障、嚢性緑内障、高眼圧症などで、
点眼だけでは不十分な症例に対して点眼薬治療と併せて行います。
SLTは低エネルギーで短い波長のレーザーを用い、
線維柱帯の色素細胞のみを選択的に狙います。

周辺の組織に熱損傷などのダメージをほとんど与えないため、
効果的に繰り返し治療が行えます。

飛蚊症レーザー治療

飛蚊症とは白い壁や空を見たときに、モヤモヤした物や、虫・ホコリ状の物が浮かんで見える症状です。
稀に眼底疾患による症状の場合がありますが、ほとんどの場合は生理的な現象の為、治療は必要ありません。

しかし、生理的な現象でもお悩みであればレーザー治療が可能な場合があります。
レーザー治療に適した飛蚊症とそうでない物がありますので、ご相談ください。

また、飛蚊症レーザー治療は生理的な現象に対しての治療の為、自費診療となります。

後発白内障レーザー治療

後発白内障とは、白内障手術後に眼内レンズを埋め込んでいる袋(後嚢)が濁ってしまう病気です。

後発白内障レーザー治療は、この袋の濁りをレーザーで取り除く治療です。
外来で治療可能で、術後すぐに視力回復することが期待できます。