森ノ宮なかがわ眼科
06-6946-5339
もりのみやキューズモールBASEアクセス

緑内障とは

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。

緑内障の症状

一般的に、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。
視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。

急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。
時間が経つほど治りにくくなるので、このような発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

  • 初期
  • 中期
  • 末期

早期発見、早期治療

自覚症状がない緑内障に対して、最も重要なことは早期発見・早期治療です。
また、視野欠損の自覚症状がある方、強度近視の方、家族に緑内障と診断された方がいる、年齢が40歳以上の方、
検診・ドック・他院で視神経乳頭陥凹を指摘された方など
緑内障の可能性が有ります。
早い時期に検査を受けることが大切です。

一度障害された視神経をもとにもどす方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。
したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

緑内障の治療

薬物療法

眼圧を下げるために使われる薬は、主に房水の産生量を減らしたり、房水の流れをよくする薬です。
最初は1種類の薬で様子をみながら、途中で変更したり、また2~3種を併用することもあります。

エレックス社
タンゴオフサルレーザー

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

目詰まりしている線維柱帯にレーザーを照射して房水の流れを良くする治療です。

原発開放偶角緑内障、嚢性緑内障、高眼圧症などで、
点眼だけでは不十分な症例に対して点眼薬治療と併せて行います。
SLTは低エネルギーで短い波長のレーザーを用い、
線維柱帯の色素細胞のみを選択的に狙います。

周辺の組織に熱損傷などのダメージをほとんど与えないため、
効果的に繰り返し治療が行えます。

緑内障検診について

緑内障は早期発見・早期治療が大切です。

当院ではOCT(光干渉断層計)・視野計など検査時間が短く
患者様の負担が少ない方法を用いてスクリーニングを行います。
より詳しい検査が必要な方には精密検査を行っています。

  • 視野欠損の自覚症状がある方
  • 強度近視の方
  • 年齢が40歳以上
  • 家族に緑内障と診断された方がいる
  • 検診、ドック、他院で
    視神経乳頭陥凹を指摘された方